Brexit?

[England 日記]Brexit?
いよいよ英国のEU残留か離脱かの国民投票が近づいて来た。このところテレビ、新聞、ラジオ、どのメディアもこの話題のみである。
人と会ってもその話題。自分の話した限りでは残留派離脱派半々。
ある人は「絶対残留すべき、そうでないとアメリカや中国と貿易等でより近くなってしまってより金金主義になって、(今はEUで拒否してる)遺伝子組み換え食品などもどんどん入って来るし、EUであれば、そこまでグリーディーにならず少なくともヨーロッパのアイデンティティーは残せる」(う〜んそれも納得)、という人もいれば「ギリシャの金融問題にしてももうすでにEUは機能しないのは明白だ、これ以上移民に来られたら自滅だ、早目に抜けて英国はコモンウェルス国もあるし、孤立することはあり得ないから、共倒れになる前に独自に切り開いていくべき!」(う〜ん、それも納得)
孫子の代まで長い目で見れば絶対離脱しないと後で後悔する(英国崩壊)、でもこの2、30年の自分達だけの一生の問題だったら残留(目先の経済安定)」(だったらやっぱり残留して〜、ポンド安困るし)「離脱も残留もない、どうなったってもう人間がfuxxkedだから、世界がfxxkedだ!」(確かにその通りです)、、、テレビの討論番組でも半々。
田舎道をドライブしていると、農地に"我らの英国を取り戻そう!Vote Out!"と看板が出ていたり、普通の人の家でも"RemaIN"という看板を玄関先に出していたり、まさに半分半分。
印象としては離脱がやや優勢だったのが、先日の極右による左翼議員殺傷事件でまた逆転。
ただ残留が左派、離脱派が右派かというとそういうことではない。
もしBrEXITすれば、ポンドもユーロも超安になって、世界的に経済は混乱するであろうし、他のEU国でも同じく離脱の機運も高まろう。先日オランダに行った際にも地元の英字新聞に英国がEU離脱したら、我らも続く、という見出しがあった。他のEU諸国も続く可能性もあり、EU自体が存続の危機である。
残留派はEUであることのメリットはとにかく経済と安定、離脱したら大変なことになるし、ヨーロッパの連帯が如何に大切か、という理想論的な部分。残留したらしたで、離脱派はUKIP(UK独立党)に流れて、逆に右傾化する可能性も。
EUの問題は英独仏和北欧などの経済的に豊かな国が、ギリシャや東欧諸国を支えなくてはいけない上に、そういった仕事もなく賃金も超安な国からどんどん(特に英)に仕事を求めて人が流入してくる。英の移民数は毎年増加しており、25万〜30万人と言われる。ノッティンガムの人口と同じくらいの移民が増加している、それも毎年。家も足りないし、そのうちNHS(医療システム/全てタダ)や学校、公共機関などインフラが人口増加に追いつかないのでは等々、移民の問題はとにかくこの数年の大問題であることは確かである。
特に東欧の通貨がユーロになっていない国(ポーランドルーマニアブルガリアアルバニア等)からイングランドに出稼ぎに来て、ポンドを持って帰れば自国ではかなりの収入であろう。
また英国は社会保障が良く、医療は全てタダだし、低収入者には住宅手当、子供手当、失業手当など色々つくので、楽して金貰おうとそれ目当てで来る人達もいるわけである。先日も眼鏡ショップで色々眼鏡を試していたら、なんともどうしようもない感じの中年男性2人がやってきて、店員さんに「タダ、眼鏡!タダ、眼鏡!(Free glasses!)」と主張。イギリスはNHSで子供、老人、又は目の病気で眼鏡が必要な人はタダで眼鏡がつくって貰えるのである。ただし、医師からの証明書が必要なので、店員さんがそれを説明しても中々英語が通じず「タダ、眼鏡!」を繰り返す、店員さん困惑、周りの客も眉をひそめ、、、、一緒に居た英人は「こりゃ、やっぱり離脱だな」と言っていた。多分そこに居た人達は皆そう思ったであろう。こういうことは日常茶飯事の英国である。
外部者の自分からみてもこの30年でイギリスのイギリスらしさはすっかり薄れていると思う。特にロンドンやバーミンガムなど大都市はそう。
一方で低賃金でも一生懸命働いて頑張ってる人も当然いるし、そういう人の方が多いと思う。友達のポーランド人、アルバニア人も皆一生懸命働いて英国社会に溶け込もうとしているし、その上日本が大好きないい若者達である。とかく世論的には東欧人が仕事を奪って行く!的な非難めいた調子がありがちなのであるが、十把一絡げで人を国や肌の色、出自等で判断してはいけないとつくづく感じる国際社会イギリスなのである。
Wasabiという寿司のテイクアウェイの店が前はロンドンにしかなかったが、バーミンガムの駅に出来た。パックの寿司や焼きそば、丼もの、どら焼きなどもあり、店内でも食べられるし、重宝しているのであるが、先日そこで寿司をつまみながら、キッチンやレジで働く様々な人々を眺め、もしBrexitしたら、こういう店も働き手が減って、今のように安価に寿司も食べられないのであろうか、と思った。実際イギリス人には低賃金で疲れるめんどうな仕事も、ヨーロッパの仕事の無い国から来た人達は一生懸命やってるわけで、それでイギリスの景気も良くなってるし、市民も恩恵を被ってる部分もあるはずなのである。
またまた一方では、単一民族の日本に生まれた身としては、アジア全体って言われてもやっぱり日本は日本だし、ひとまとめには考えられないわけで、仮にEU的にAU(アジアユニオン)なんてことになって、本部がシンガポールあたりになって、アジア中の国から代表が集まってルールを決めて、日本にも、こうせい、ああせい、と言ってきたら、言いなりになるだろうか?
そう思うと、「もうコントロールされない」「我らが英国を取り戻そう」「自分達でルールしよう」という離脱のスローガンもよく納得してしまうのである。
ヨーロッパの中でも、各国それぞれの歴史や文化も違う中で、やはり大陸側と英国は島国だし、ちょっと違うのである。日本がアジアの中でもかなり違うのと同様。歴史をみても、カソリックでローマにつべこべ言われて離婚もできないんじゃあやってられない、と英国国教会をつくってローマとおさらばした英国。文学でも音楽でもやっぱり反逆精神というか、エキセントリックというか独自な英国と思うと、議会ではなく、国民投票の今回はもしかして?とも思うのである。
大企業や経済界にとっては絶対に残留して欲しいところで、小規模ビジネス、自営の人は離脱したい、でも結局は不透明素材の多すぎて、明らかに経済的混乱はさけられない離脱より、残留になるのでは?と思っているところ。
ただこのところ想定外が多い英国。次期首相選の時も、予想では労働党の勝利でPMになったつもりでいい気になっていたミリバンであったが、実際は保守党でキャメロンの続投になった。今年のチャンピオンズリーグではレスターシティがまさかの優勝。Euro 2016ではなんと58年振りにメジャートーナメントに出場したWales代表がどんどん勝ち進んでいるところ。金に物言わせたグローバルチームが当然勝ち進むであろうところ、レスターシティといいウエールズ代表といい、個人の努力とハート、応援する地元感覚スピリットの勝利であるからして、まー本当にこればかりは金曜になってみないとわかりません。

フランクフルトのラーメン

久しぶりのフランクフルトに着いたのは、東西ドイツ統一20周年記念日であった。翌日からホリデーに出発するにもかかわらず、空港に迎えに来てくれたローズ夫婦の車で市内に向かうも記念行事や花火大会で人がワンサカ町に繰り出していて、車両通行止めの道路が多くて何度も迂回しなくてはならない羽目に。20年前のその日、リハか本番か忘れたが、Theater Am Turm (TAT)という当時フランクフルトで非常に先鋭的な劇場で仕事中だったのである。世界は常に動いて変化しているのだ。こういう世界の記念日と自分史の年月とが重なると妙に感慨が深くなるものである。移民難民問題で色々大変な昨今のドイツだが、イギリスでは報道されない現地ならではの関連事件等色々知らない事実があるのだった。今後世界はどうなるのであろう。久々にドイツのバーで遅くまで話し込む。

フランクフルトはドイツ金融中心地であまり面白い町ではないが、今回は親友ヤコポ・ゴダーニのダンスカンパニーの舞台を観に。昔自分も舞台に立ったBockenheimer Depot。 当時は若きダンサーだった友も今やカンパニーの芸術監督/振付家、立派になったものである。感慨。
 

あとはヤコポ案内で毎夜食べ歩きである。サルディニア出身の家族経営で超フレンドリーなイタリア料理屋で食べ過ぎたり、ドイツで意外に多いギリシャレストランにダンサーも一緒に行ったり、、、、夏のイタリアヴァカンス以外にドイツでヤコポと一緒にショッピングや食べ歩きは久しぶり♥
モダンなラーメン屋さんMUKU。
 カフェのような店内
常連ヤコポの選びのメニュー
 しめ鯖
 鳥カラ〜ご飯と食べたい
店員さんもみんな日本人の若者で感じ良し。
 煮込み
 豚骨ラーメン
本格的ラーメンで美味しかった〜。イギリスではWagamama等イカサマラーメンばっかりで、家でインスタントラーメン食べた方がマシな感じなのである。久しぶりに海外でマトモで美味しいラーメンで感激!
 抹茶アイスも美味しい〜
90年代は一番過ごした時間が多かったかもしれないフランクフルト。エリアもアパートメントがあったザクセンハウゼン当時こんないい店があったら毎日来ていたであろう。
 ホテルのそばにコージーなカフェもあった。
 妙なパブもあった、、、
 ストリートアート。最後にAmenとあるので、祈りの言葉か何かか?

美味しいデンマーク 番外編

アンデルセンのお墓もある公園のような墓地

墓地を散策中、可愛い赤リスさんが、、、イギリスも元々赤リスだったのが、近年は外来種の灰色の大きいリスになってしまったのです。コペンハーゲン市内に赤リスが居るとは。

夜はサイケデリックミュージックフェス






ライブハウスが大中小といくつかあり、カフェ,バーなどが一緒になったコンプレックス。中に大きなボードゲームカフェがあり、毎夜大勢の人がボードゲームに興じていた。人々が集まってテーブルでゲームをする、という感覚が忘れられてなんでもスマ―トフォンやタブレットの時代、みなでワイワイ楽しくゲームに興じる若者達がとても楽しそうに見えた。またカフェには沢山のゲームの箱が図書館のように並べてあり、公共のものとしてのゲームが盗まれたり、コマやパーツな無くなるなどということが無い証拠であろう。デンマークは国民の幸せ度高い国であるが、このゲームカフェの存在や、夜中の駅近スーパーにガードマンも居ないし、ヘンな奴も居ないところからも、民度の高さが感じられる。ロンドンはじめイギリスの都市とは大違い。
写真上:本棚に並ぶボードゲーム類「今日はどのゲームにしようか〜?」
写真下:一番小さいギグ場所。椅子に座れてコージーです。
こちらはポリッジ(お粥)専門店。ポリッジは通常麦だが、ここのはキノア入りとか色々あり、甘いのから塩味系まで色々あって美味しかった。左はナッツとハニーとクリームのポリッジ、右はマッシュルームのポリッジ(リゾット調)。
ポリッジ店の通りにはヴィンテージショップや小さなブティック等があって、素敵な通りで、ミッドセンチュリーものを扱っているヴィンテージショップで鉄製キャンドルホルダーに一目惚れ、重くて大きくかさばるので大変だったがイギリスに買って帰った。

毎日美味しいものばかり食べ歩いたけれど、もうサッパリいきたいから最後はお寿司。
最近ホントーにヨーロッパ中に寿司及び日本食屋は増えたものの、デタラメ日本食も多いので、要注意なのです。ショッピングの帰り、たまたま見つけたSelfishというお店の前で「ここは本物かな〜?」とメニューを見つつ案じていたら、出て来た地元の人が「ここはコペンハーゲンの中で一番美味しいよ」というので「ちゃんと日本人がやってる?」ときいたら「日本人だよ」というのでこちらに行きました。Take away 主でテーブル席はちょっとしかないが、ちゃんと日本人でまともなお寿司で良かった!お稲荷さんがついてるのがなんとも嬉しい。お店の方に聞いたら、コペンハーゲンでも日本食は70店くらいに増えたそうですが、中でも本物の日本人が作っているところは30店舗あるかないか、、、だそうです。

グルメ旅最後は寿司で〆ました。

美味しいデンマーク 其の五 Alberto K


Copenhagen Radison bluホテル内のAlberto K
窓から市内が一望 電飾の門はチボリ公園

ホテルもレストランもミッドセンチュリーで懐かしい感じ。こういう雰囲気の東京の昭和モダンなホテルや会館は殆ど無くなってしまった、、、ホテルオークラまで!ここはこのまま残って欲しい。

Cucumber, Scallop & bread crumbs
中をくりぬいたキュウリにホタテの詰め物、葉っぱのフタ。見た目も爽やか。

Oysters, horseradish & celery
牡蠣にホースラディッシュとセロリでさっぱり。これも見るからにノルディックな白く冷たい感じが素敵。

Hake, samphire & mussel cream
ちょっと和風な感じで、タラ系の白身魚。刺さっている緑のものはsamphireという海の植物(海藻系?)でイギリスでもよくあり、魚介料理と一緒にツマのような感じで出てくる。

Bouilion of smoked eel & carrots
鰻の薫製出汁にキャロットのスープ。さっぱりしつつコクがあって、人参のほんのり甘さとマッチ。
ここまでが前菜シリーズ。

鱈 Cod, Cress, caviar & salad

鰈 Turbot, summer cabbage, cucumber & smoked mussel sauce

Lobster, potatoes, peas, lobster vinigrette
プリプリロブスター、ソースがなんとも美味しい。もうこの辺りで結構お腹ふくれて来ます。

Chanterelles, comte, egg yolk & crispy bread
メニューがあるので書いてるんですが、キノコのなんかだったような、もう忘れちゃいました、、、

Sweetbreads of veal, broccoli, spinachi & truffles
また出たsweetbread....味というよりそのアイデアがあんまり好みではないのだが食べてしまった。

Beef, parsley, smoked marrow & onions
ビフテキと甘いオニオンとマッチしてこれもソースが美味しい。骨髄(marrow)が小さくキューブ状に。

Raspberries, vanilla, meringues & almond
やっと、デザート。ラズベリーシャーベット、ラズベリー、チビフィナンシェ。

もう終わりと思ったら、コーヒーのおともにシューとクリームとジャム。好きな方をつけて。自分で作る最中と同じシステムです。満腹でもやっぱり食べちゃいました。
見晴らしといい、雰囲気、サービス、味と全てトップ。

外はすでに夜景となって、食べ過ぎたコペンハーゲンの夜はふける。

Alberto K
Hammerichsgade 1, 1611 Copenhagen V. Denmark
www.alberto-k.com

美味しいデンマーク 其の四 BROR

割と中央駅に近く、いい感じの裏道にあるBRORで夕食

下町のビストロという感じ。

トマトとアスパラのブルシェッタ

日本の定食にありそうなフライとタルタルソース。スライスしてポーチしてフライにした牡牛の睾丸だと。
ちょっとスパム的な食感で、味は普通のフライものの味。

ビーフ叩きタルタル、Nasturtium(キンレンカ)のピュレーと葉っぱのせ、レッドカレント、ピスタチオ
この丸い葉っぱはちょっと辛みがあって、サラダに入れたり、飾りに使ったりされる。

タラの頭の茹でたものとマヨネーズと抹茶塩 
コレは塩焼きにでもしたほうが美味しかったんじゃないかと思った。

タラ(Black Cod)のワカメ締め、ベビーコーン、ブラックカレント
タラの塩辛さとブラックカレントの酸っぱさがうまくマッチして赤紫蘇の風味に近い。白身魚の昆布締めにユカリをふったらこういう味になるんじゃないか。

子牛の舌のじっくり煮込み、グースベリーソース、ブロッコリ、ホースラディッシュ、ピックルドマッシュルーム
ビーフ関連はあまり普段食べないのと、タンもイマイチなのだが、タン煮込みは量も少なく、殆どサラダみたいな感じでオッケーであった。

タラのグリル、季節のハーブサラダにタマネギの甘酢漬け

デザートはメモしなかったので何だったか忘れてしまいました。多分、ベリーかアップルのクランブルだったと思う。

ここはマーケットやチャリティーショップで集めたみたいなレトロな模様の全部バラバラのお皿で、それも楽しかったです。
デンマークの伝統的、大衆的な食べ物がベースだそうで、ベリーものがよく使われていて北欧的。
大体がカップルやカップルグループでしたが、私達の隣りのテーブルには男性一人客で各皿写真撮っていました。食べ物写真いちいち撮るのは日本人及び周辺の東洋人と決まっていたが、最近はインスタグラムやFBが盛んだから西洋人でも写真撮ってる人増えたので、こっちも気楽に撮るようになれました〜、というわけで今回のコペンハーゲンは撮りまくりじゃ。

BROR
http://www.restaurantbror.dk/

美味しいデンマーク 其の三 Radio

Radioでランチ


セレリアック薄切りのピーナッツバター和え
セレリアックは日本では見たことありませんが、こちらではポピュラーな根菜類で、ちょっとセロリの香りのする大きな蕪みたいな感じ、私も好きでよく使います。甘くないピーナツバターを練り胡麻の変わりに使えると思いました。

ホタテのホワイトソース、海藻、瓜の甘酢漬け、ディル
ホタテの柔らかい口当たりと、瓜(英語でなんて言うかわからないがデンマークでよく食べる、とウエイターが言っていた。多分冬瓜的なものではないかと思う)の歯ごたえがマッチしていた。

塩で一晩〆たタラ、カリフラワークリーム、カリフラワーの薄切り、軽く炒ったピスタチオ
生のカリフラワーも意外によかった。

ローストビーフと乾燥キノコ類色々、オイスターマッシュッルームのハーブ酢漬け、マッシュルームピューレー
オイスターマッシュルームの酢漬けがなめこのような食感で、味とともにアクセントをつけてました。

デンマークの殺菌処理されていないミルクで作ったDeich Kase(ドイツのチーズ)、グースベリーソース添え
さっぱりして美味しいケーゼであった。

ヒマワリの種アイスクリーム、ジュニパーのメレンゲ焦げキャラメル風味、ジュニパー風味メレンゲ(乗ってる白い欠片)ラズベリーブラックベリー、ブルーベリー
デザートは一見大きいけれど、メレンゲなので軽めで、ベリー類の酸っぱさとマッチしていて甘過ぎず、ヒマワリの種のアイスも初めてだったが、すごい美味しかった。

コーヒーのカップが日本の焼き物風で素敵。食器類はみなシンプルでいい感じだった。

インテリアもシンプルモダンで、ちょっと日本に居るみたい。
お料理も凝ってるけどナチュラルでとても良かった。
コペンハーゲン行ったらまた訪れたいレストランでした。
http://restaurantradio.dk/

美味しいデンマーク 其の二 Kiin Kiin


次はタイ料理のKiin Kiin

饅頭のように見えるが、甘塩っぱいマカロン的なつまみ、チビバケツにディップが入っている。

卵の殻の形の陶器カップにダックエッグの黄身に味付けしたものとドライバジルの葉

タイの伝統的なエッグカスタードにダンシングフィッシュフレイクでございます、、、とうやうやしく運ばれて来た。鰹節を見慣れない人々は水分で微妙に動くフィッシュフレイクが踊って居るように見えるのが物珍しく、ワ〜?!って感じでしょうが、卵豆腐に鰹節がのってるだけです。
鶏皮のカリカリに乗ってるのはなんだったか。
この後、写真は撮るヒマがありませんでしたが、煙の充満したガラスドームが運ばれて来て、ウエイターのタイ人の男性が「バンコク行ったことあるか?」「無い」「無いのか?!(と意外顔、タイ人にでも見えたのか?)こちらはバンコクの町の匂いと共にストリートフード風に供します鴨の手作りソーセージです」とガラスドームを開けると、モワ〜っとガソリンの混じったスモッグの匂いが、、、そして親指大のチビソーセージがうやうやしく登場した。鴨ソーセージは普通にウマイものだったが、スモッグの香りはオエ〜

で、こちらもまたシアトリカル。薄緑の綿菓子がモコ〜

ソースをかけると、綿がショワ〜と溶けていく

〆鯖のサラダ、コリアンダー風味となる。パフォーマンスはウワ〜もので、どのテーブルでもみな携帯で写真とっていました。
しかし、味はフィッシュソースの味が強過ぎで塩っぱ甘ずっぱ味のみでフレッシュなサラダや鯖の味はしなかった。。。

お魚とキュウリとハーブお造り風、これもソースをかけると

煙がフワ〜、美味しかったけど、別に煙をださなくても。

最後のメインディッシュはシンプルにビーフのグリル焼きにベイビーコーン、コーンクリーム、奥は牛の骨を皿に骨髄、ご飯。これは普通に美味しかった。

デザートはタイ風バナナケーキと塩キャラメルソルベにココナッツ。

ここはタイ国外で唯一のミッシェラン☆付きタイレストランだそう。お客さんは皆デンマーク及びヨーロパ人カップルで、でもみんな携帯で写真とってた。それだけシアトリカルな演出がウリなところで、味勝負ではないと思いました。プレゼンテーション抜きにして、「ウマイ」ということだけ言ったら、吉祥寺でよく行くタイ食堂とそんなに(値段が10倍以上違う程!)違わないであろう。話しの種に一回行ったらオッケーというところでした。

Restaurant Kiin Kiin
Guldbergsgade 21
2200 København N
Denmark